文房具

ぺんてる「クレナ」万年筆のような書き心地。

無印良品の「フラットに開くノート」や、ほぼ日手帳など、筆記全般合わせて使っているのがぺんてるの「クレナ」というペンです。

文房具は結構好きで、常にしっくりくる書き心地のアイテムを追求しています。

ペンの太さ、インクの出方、見た目、重心等、直感に近いものではありますが判断材料にしています。

ぺんてるの「クレナ」はこれまでに3本リピート買いしています。

ぺんてるの「クレナ」

ぺんてるの「クレナ」は決して高価なペンではなく、どこの文房具コーナーでも手に入るような品物です。

価格は200円と消費税。

80円のボールペンでは書き心地にも見た目にも納得がいかないけど、だからといって1000円の万年筆を使い倒すのには気がひける。

そんな気持ちを満たしてくれるプチプラ価格とデザイン性です。

1度目の購入はドンキで、2度目はまとめてロフトで購入しました。

ぺんてる「クレナ」の書き心地

ぺんてる「クレナ」のペン先には3種類の太さがあります。

私が選んでいるのは0.3ミリのクレナです。

ゲルインキが使われていて、速乾性が特徴のシリーズです。

・サラサラ書ける

・裏写りしない

・細いけど紙に引っかからない

そして直感的な表現ではありますが、シンプルに書きやすいです。

速乾性の方はというと、かなり優秀です。

左のくるくる線は書いてすぐ手のひらで擦ったもの、左のドラえもん(?)は書いてすぐ消しゴムをかけて速乾性を試してみました。

手のひらでこすった程度では線にヨレはできませんでした。

消しゴムをかけた方でも、線がヨレたのは1番最後に書いたヒゲ部分のみです。

日常的な筆記なら線がこすれて伸びることは滅多になさそうです。

ぺんてる「クレナ」の見た目

ペンの上部分のストライプがアクセントになったデザインで、可愛らしい色合いです。

ペン先、ノック部分、クリップはシルバーのパーツが使われています。

プラスチックではないので、クリップ部分は多少雑に使っても壊れる心配は少なそうです。

カラー展開は黒インクのボディが3色と、他にネイビー、ブラウン、赤のインクとそれぞれのボディが展開されています。

(https://item.rakuten.co.jp/atn/xxbln75l/)

一緒によく使うのは「フラットに開くノート」

無印良品の「フラットに開くノート」が最近のノートのお気に入りです。

ぺんてるの「クレナ」とよく一緒に持ち歩いています。

ほぼ日手帳の独特な薄いページにも相性は抜群です。

ほぼ日手帳はドラえもんのカバーを使っています。